山本冬彦さん寄贈作品、新収蔵品展再訪してきました。@佐藤美術館

山本冬彦さん寄贈作品、新収蔵品展再訪してきました。@佐藤美術館
以前トークイベントがあった時に伺ったのですが、前後の用事の関係でじっくり見る時間が取れず、期間内に再訪したいと思っていたところ、最終日にぎりぎり再訪できました。

心清らかになる、豊かな時間でした。
作品それぞれがまるで人格をもっているような強く、静かな秘める強い存在感を持った作品ばかりで、しばし静かな美術館で椅子に座って遠くから見たり、近くで絵肌を見たり、ゆっくりと鑑賞できました。

佐藤美術館の環境もあることでしょうが、十分なスペースが与えられ、ゆっくりと観れる環境というのは、本当に貴重で、長い列を待って美術館に入っても、その人の多さに、窮屈な環境ではゆっくり絵を楽しめないことがある私にとっては、とっても嬉しい環境です。

高い技術が自然に、柔らかさと強さを持って、とても滑らかに絵に表現されているのを見て、その「ツール」を自在に操り、内に秘めるものを表現されていく様子に、心を動かされるようなものを見つけました。

それらは複雑で、何層にも重なり、隙間をときどき垣間見るような作家の心情だったり、言葉にできないような体験であったり思いだったり色々なものを昇華し、現してゆく、そのためのツールなのだな、と思いました。 ツールとその「内に秘めるもの」の両方を高めてゆくことが大事なことであり、それが一枚の絵に昇華されたとき、このようなそれぞれの絵画がまるで人格を持っているかのような、強い存在を放つんだな、と。

その技術の習得や必須項目チェックリストをチェックするようにその技術をいれこむことが目的になってしまっては、きっとその「ツール」を使って作られた結果は何か大事なものを欠けてしまう危険性があるんだな、とも思いました。

その作品を描かれた作家さんの気配を感じるような作品たちに、なんだか心洗われたような気持ちになり、多くのことを学び、心癒された有意義な時間でした。

寄贈をされた山本冬彦さま、このような機会をありがとうございました。このように美術館に寄贈されることで、多くの方に様々な影響を与えることになった展示会になったのではないかと思いました。立島さんが司会をされていたトークショーも、勉強になり、改めて佐藤美術館のような役割の大きさ、活動の意義の一部を垣間見れたように思います。一個人として、心から御礼申し上げます。 私たちも自分たちの役割の中でその一端を担い、次世代に繋げれるように、日々積み重ねていきたいと、元気をもらいました。 ありがとうございました!

ノートン 晶

多摩ケーブル「新西多摩人物伝」に出演しました

2017年の11月、青梅市玉泉寺本堂・客殿での個展開催にあたり、多摩ケーブルさんの「新西多摩人物伝」に出演させていただきました。レポーターのたまちゃんと撮影クルーの方々が青梅市のアトリエに来て頂き、水墨画について、お話をさせて頂きました。

2月から開催の教室についても言及して頂き・・ありがとうございました!

お陰様で個展も3日間で600人の方に来て頂くという大成功で終わりました。

心より感謝申し上げます。ありがとうございました!

 

コールノートン水墨画

 

取材の様子は上記ビデオからご覧いただけます。

この取材でも話をしている、先生の白浪先生の個展が3/30-4/1まで青梅市の玉泉寺にて開催されます。私とコールもお手伝いで会場にいます。皆様のお越しをお待ちしております!

 

 

 

青龍Kibakoさんにて、「青梅の川」展示中

ome-river-2

青龍Kibakoさんにて、「青梅の川」展示中

青梅に引っ越して来て一年、自然に囲まれた人が温かいこの地に惚れ込んでアトリエを構え、自然もたくさん描いて来ました。

青梅を流れる水、黒沢川、そして多摩川を描いた絵のなので、ぜひ青梅の方に見て頂きたいという思いと、

カフェ、コーヒー好きの私たちも大好きなKibakoさんのアンティーク調の家具に囲まれたゆったりと流れる時の流れを楽しみながら、コールの目から見た、青梅を見ていただけたら嬉しいです。

青梅駅前にあるゲストハウス&カフェの青龍Kibakoさんは、昔はおもちゃ屋さんだったお店を改装してオープンしたゲストハウスです。旅好きの人はお世話になるゲストハウス。
私たちも初めに会ったのは、滞在していた浅草橋のゲストハウスでした。
ご縁もあって、ゲストハウスはなんだか思い入れのある場所。 旅をする人、地元に住む人、色々な人が交流し、旅するような新しい視点を手に入れられたら面白いですよね。

街中に、もっとアートを増やして、心落ち着く空間を増やしたいですね。と地道に活動を続けていけたらと思います。

こっそり作品も変えていったり、他のアーティストさんの作品を飾ったりしますから、ちょこちょこみてみてくださいね。

大きな古時計が時を刻む音を聴きながら、ゆっくりとした時間を過ごすのはいかがですか? 青梅駅にお立ち寄りの際には、ぜひ青龍kibakoさんにお立ち寄りください。とっても素敵なご主人が迎えてくれますよ!

 

ome-river-1