大阪京阪百貨店6階美術画廊での展示

大阪での展示を予定しております。

お近くのかたは、どうぞお越しください。

日中友好平和条約締結40周年記念 現代中国人気作家10人展

特別展示コーナー コール・ノートン

6月14日(木)から20日(水)まで

会場:京阪百貨店6階美術画廊(大阪府守口市)

3、4点の水墨画の作品を展示販売致します。

初めての西日本、大阪での展示でもあるので、17日週末に私たちも展示会場に伺おうと思っております。 もしいらっしゃる際には、お声掛けくださいね。

 

Report: workshop and presentation

English and Japanese

We had a such a wonderful time to share the beauty and joy of this art form with the members of League of Milwaukee Artists on October 8th, in Cardinal Stritch University in Milwaukee.

We did a presentation and a workshop about Ink wash painting (Sumisaiga) and Japanese Calligraphy last weekend about its history in Japan, origins in China, and the philosophy of this art form.

We had many questions during the presentation and we heard positive feedback from the members about the workshop. Thanks again, League of Milwaukee Artists, for this wonderful opportunity!

先週末に、水墨画と習字につプレゼンテーション(一時間半)と午後に水墨画や書道の成り立ちや水墨画の元となる哲学等の入門的講座をコール(夫)と一緒にプレゼンテーションとワークショップをミルウォーキーアーティスト連盟からの依頼でしてきました。

コールの日本にいる水墨画の先生が中国人ということもあって、中国の歴史やアートにも興味を持つようになりました。

水墨画も習字も元をたどるとやはり中国に起源がありますし、英語の文献はニュートラルな視点から歴史を捉えたものも多く、とても役に立ちました。新しい目線でその美しさについて、歴史について見る事ができてとても新しい発見でした。

アメリカ人であるコールの西洋的視点と日本人である私の視点を交えてプレゼンテーションとワークショップを構成、実施したので、より包括的な視点で見れたように思います。

もちろんまだまだ学ぶところはたくさんありますが、プレゼンテーションもたくさんの質問がでたり、ワークショップでも集中して参加してくれたり、楽しんでくれたみたいで、最後に「ありがとう!」と笑顔で帰ってくれた、その出会いと経験だけでお腹いっぱいです。
あーよかった。やっぱりこころの交流があるしごとがすきです。

We shared the joy and beauty of this art form, Sumisaiga and Japanese Calligraphy with the member of League of Milwaukee…

NortonShigematsuさんの投稿 2016年10月12日(水)

RESOLUTION FOR 2016 2016年抱負

Happy New Year!
日本語での記載もあります。
May this year bring joy, happiness, and peace to you.

Last year was a very colorful one for us.

So many adventures, serendipitous meetings with teachers and mentors in Japan, new learning, and challenges…
How about yours?

Lately, we are working on “marbling,” which is dying paper by floating it over various colors of liquid inks suspended in water. The result is a beautiful pattern, which resembles marble.

You can make an infinite variety by adding drops of different colored inks, as well as swirling the water in desired ways so that the colors flow into and around each other. Many different patterns and new colors emerge from the mixture.

The colorful experience and new learning we had last year will connect and start interacting with other colorful areas.

By collaborating with other organization and artists, this beautiful marbling will be made.

We don’t know what the color or pattern will be, but we know that it will be a beautiful one.
It is unpredictable, but that’s why there is a beauty.

We are working hard to make our dream project come true. (This year is just beginning!)
We are hoping to share the beauty in this world..:)

Hope your year will be a great one.

Thank you so much!

Best,

Aki and Cole

1月のご挨拶と今年の抱負
遅くなってしまいましたが、明けましておめでとうございます!

今年一年が、皆様にとっても充実した一年でありますように。

去年は、私達にとって、とってもカラフルな一年でした。

たくさんの冒険、日本での師との出会い、新しい気づきや学び、たくさんのチャレンジ・・・ 皆さんにとってはどんな一年だったでしょうか?

私達にとっての2016年は、「マーブリング」な一年になりそうです。

※マーブリング:水を張った容器にインクを落として爪楊枝などで混ぜ、マーブルカラーを作りそれを布や紙に写すことをマーブリングと言います。

マーブリングをするときのように、一つ一つの色、点が重なり合い、つながり、混じり、その動きによって美しい模様ができるように、今までの経験、知識、出会いが、新しい形でつながり、新しいものを生み出していく、そんな一年。

一つの色や、点だけではこの美しい模様はできません。 色々な色、形、大きさがあるから、違うものが混じり合うからこそできる色合い。

コントロールして、想定の範囲内だけで作るのではなく、私は、水の動きによって色々な色が重なり合い、混じり合うのが好き。色を混ぜてコントロールするのではなく、水に任せています。もちろんこの色や点を落とす場所には意図があって、作りたい模様や色の計画はおおかまかにありますが、半分は、水に任せます。

自然体が一番美しいと、思うのです。

関わるみんなに公平で、みんな自然体でいれて、それぞれの形で混じり合い、良いものを作っていく。そんな仕事ができるように、いま、色々動いていきたいと思っています。新しいプロジェクトもゆっくりと、でも確実に、育てていきます。

言葉で「良い」「悪い」「すべきこと」を主張するのではなく、 もっと、ポジティブで、みんなが心から、「やりたい」「変えたい」と思うようなきっかけになるような仕事がしたい。そう思いながら、今日も一日を過ごして行きたいと思います。 どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

あき & コール