東京都 青梅市 在住のアメリカ人 水墨画家
コール・ノートン Cole Norton

[ English ]

Profile

略歴


1985年米国ウィスコンシン州生まれ。
2008年に米国にて美術学士取得。
2014年同校にて人物デッサンの指導・プログラム再構築にあたる。
2017年春に上海出身の水墨画家白浪氏の下で本格的に学ぶため青梅市へ移住し、制作と活動を続ける。

日本での活動


2012年米国での6年間の古武道の修行後、埼玉の本道場での修行のために初来日

2013年1年間川口市に移住し、古武道の修行や日本語習得に励んだ後、米国へ帰国

2015年日本に一時滞在し、福岡、奈良、東京にて茶道や日本画、篆刻を学ぶ。
上海出身、東京都青梅市在の水墨画画家、白浪氏に師事。

2017年2月から青梅市黒沢に拠点を移し、米国と東京にて制作。

米国・東京にて制作・発表を続ける。

Photo by Chris Bennett

和紙と筆、墨と色彩で命あるものの新しい表現を試みる画家。フランス印象派から学んだ色彩 感覚、中国の水墨画の筆の技術を合わせ、水墨画・墨彩画を描く。米国の大学での教鞭経験で 得た人物解剖学の知識と修練を合わせて、「見えないけどそこにある大切なもの」を捉え、水 墨画での人物表現を追求するため、日々研究と技術の研磨を続ける。

水墨画の理解を深め、より高度な筆技を習得すべく、2017年春には上海出身の水墨画家白浪氏 が住む東京都青梅市へと、米国ウィスコンシン州より移住。日本で制作や発表などの活動を開 始しながら、米国でのギャラリーでの展示や指導なども継続し、2拠点で活動をしている。

個展


2017年 コール・ノートン個展 “呼吸“ -the breath of existence-
東京都青梅市臨済宗建長寺派金剛山玉泉寺本堂・客殿にて

グループ展


2016年
「Figure Exhibition」, Var Gallery 米国、ミルウォーキー
「MIAD教職員展覧会」
The Frederick Layton Gallery, 米国、ミルウォーキー
2017年
「第26回全日中展 東京国際美術大展」東京都美術館、東京
「第27回全日中展 日中書画芸術大展」埼玉近代美術館
「30x30x30 Exhibition」 Var Gallery、米国、ミルウォーキー
「Figure Exhibition」, Var Gallery 米国、ミルウォーキー

受賞歴


第27回全日中展 日中書画芸術大展
村山富一元総理賞受賞

ワークショップ


2016年 「水墨画に関するプレゼンテーションとワークショップ」
ミルウォーキーアーティスト連盟主催
米国ウィスコンシン州カーディナルストリッチ大学にて

パブリックコレクション


臨済宗建長寺派金剛山玉泉寺

© Copyright 2017 Cole Norton All Rights Reserved.